腕を太くするための筋トレ方法

腕を太くするための筋トレ方法

たくましい力こぶ。盛り上がった三頭筋。まさに男のたくましさの象徴でもあり、腕の太さは男の自信。女の子が好きな筋肉の部位としても間違いなくぶっちぎりの、まさに鍛えない意味が分からない筋肉。正しい筋トレ方法で、カワイイ彼女をゲットしましょう。キレマッスルの口コミも参考にしてみて下さい。

 

腕の筋肉を鍛える順番

意外に思うかも知れませんが、腕の前側と後ろ側では後ろ側の方が筋肉は大きいです。力こぶの方を優先して鍛えたいと思うかも知れませんが、まずは大きい方の二の腕から鍛えたほうが効果的。

 

大きい部位から鍛えるのは筋トレの大前提ですからね。そこでまずは腕の裏側、上腕三頭筋を鍛える種目を解説します。

 

腕立て伏せやディップスで三頭筋を鍛える

腕の裏側を鍛えるためには、腕立て伏せやディップスがおすすめ。おそらく腕立て伏せをしたことのない男性はいないでしょうが、反動をなるべく使わないように、かつ肘をしっかり伸ばしきるように意識して取り組んでみて下さい。

 

腕の幅を変えたり手の向きを変えたりするとより大きな刺激を上腕三頭筋に与えることが出来ます。腕立て伏せに慣れてきたら、下記を参考にしてディップスにも挑戦してみましょう。

 

 

アームカールで力こぶを鍛える

力こぶを鍛えるには何と言ってもアームカール。ダンベルやバーベルで、上腕二頭筋にしっかり刺激を与えましょう。反動を使わないように気をつけることと、下ろす時に重量に負けないように丁寧に下ろしていくことが重要。また、肘の位置がなるべく動かないように、最大可動域で動かせるように意識しましょう。

 

重すぎるウェイトで反動を使いながらやるよりも、少し軽いと感じても腕の力だけで反復したほうがトレーニングの効果は高まると思いますよ。下記の動画を参考にしてみて下さい。